医療脱毛は、クリニックなどの医療機関でしか行えない脱毛施術で、レーザーを照射して行います。エステサロンの脱毛は、光脱毛と言ってカメラのフラッシュのような光を照射して脱毛する方式です。医療脱毛の方が光脱毛よりも効果が高く、より短い時間で脱毛を完了することができます。ただ、効果が高い分、医療脱毛の方が、エステサロンの脱毛よりも痛みが強く感じることがあります。痛みには麻酔で対応できるので、心配は無用です。

医療脱毛の方が脱毛完了までの期間が短い

病院やクリニックで行われている医療脱毛がエステサロンより早く脱毛が終わります。それは脱毛を行う時に使う機器に違いが有るからです。どのような違いかというと、脱毛時の出力の差です。医療脱毛は出力が高いため効果を早く実感することが出来るため完了するまでに5~6回程度で済むといわれています。一方エステサロンは脱毛時の出力が弱いために完了するまで医療脱毛の2倍の時間が必要とされています。出力の差が脱毛効果に差があるために完了までの期間に差が生じます。

医療脱毛なら肌トラブルが起きても安心

レーザー脱毛によって、簡単になめらかな素肌を手に入れられるとはいえ、脱毛にはさまざまなリスクが伴っていることも否定は出来ません。しかし、クリニックなどでの医療脱毛であれば、いざというときにも素早く治療が受けられるなど、安心感には大きな違いがあります。エステやサロンでの施術では、カウンセリングなどすべてにおいて有資格者である必要はありません。しかし、医療脱毛では必ず医師が診察をおこない、有資格者がレーザー脱毛器を取り扱うことになっているからです。

医療脱毛の施術をするのは医療従事者のみ

医療脱毛の施術を行なうのは有資格者のみになりますので安全性が高く、効果も期待できます。
基本的に医療機関は医師や看護師といった医療従事者のみが働いていますのでエステサロンよりも信頼性が高く、施術に使用する医療機器も照射パワーが強く設定できますので短期間で脱毛ができ効率も良いです。
医師が常駐している事によって、いつでも肌の状態をしっかりと診断して万が一の時に薬の処方も素早くする等の対応もできて安心です。

医療脱毛なら麻酔が使える

脱毛はエステサロンやクリニックで行うことができますが、エステサロンは痛みが少ないですが施術に使う光の波長が弱いため効果を実感するには時間が掛かります。クリニックでは効果が期待できますが痛みが伴います。医療脱毛の大きな特徴となる医師が常駐するクリニックで行うため麻酔を使うことができます。医療脱毛ででは笑気麻酔、クリーム、テープが利用されます。基本的には医療脱毛で利用される麻酔は作用がさほど強くなく、痛みを完全に取り除く目的で利用されるわけではなく、気持ちよくリラックスさせて、不安感をなくす目的で利用されます。